TCAピーリングとは

ケミカルピーリングの一つに、TCAピーリングがあります。

これは、トリクロル酸というAHAなどより強い酸を使ったもので、この酸は、細胞を壊死させ、皮膚を腐食するという性質があるようです。

この性質を利用して、皮膚の古い角質などを取り除くもので、コラーゲン生成を促し、シワや肌質の改善が期待できます。

TCAピーリングは、トリクロル酸の濃度によって、浅めのピーリングはもちろんですが、かなり深いところまでピーリングできるのが特徴のようです。

しかし、刺激が強く、施術後数日間は、皮膚が腫れて、変色するともいわれています。

その後、10日ほどかけて、だんだん剥がれ落ち、新しい皮膚と入れ替わっていくようです。

この方法は、色素沈着の副作用が指摘されており、日本人には、あまり向かないともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です