ピーリング化粧品

現在、さまざまなピーリング化粧品が出回っています。

ピーリング化粧品に配合されている酸は、フルーツ酸が多く、この中でも、サトウキビからとれる「グリコール酸」や、オレンジ・レモンなどからとれる「クエン酸」などが、一般的です。

ピーリング化粧品を選ぶ時に気をつけなければいけないのは、濃度が高いからといって、良いというものではないということです。

ピーリングは、酸性の度合いによって決まります。

一般的なピーリング化粧品の場合には、低めに設定されているようです。

ピーリング化粧品には、化粧品会社がだしているピーリング成分の配合が少なめのものと、医師が開発にかかわって、少し配合を多めにしたものがあります。

穏やかな作用で十分、という人には、化粧品メーカーのものでもよいのですが、やはり、医師がかかわっているもののほうが、より早くニキビ跡やざらつきの改善が実感できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です