ピーリング剤

ピーリング剤には、代表的なものとして、アルファハイドロキシ酸(AHA)とトリクロル酢酸(TCA)があります。

AHAは、サトウキビやりんご、ヨーグルトなどにも存在しており、「フルーツ酸」とも呼ばれています。

よく使われているのは、サトウキビに含まれる「グリコール酸」で、これは、日本人に一番合っているといわれ、現在のケミカルピーリングの主流となっています。

しかし、グリコール酸は、皮膚の表皮までしか浸透しないので、副作用は少ないといわれていますが、一時的に良いもののようです。

一方、トリクロル酢酸は、AHAよりも強いと言われているものなので、より深いピーリングが可能と言われています。

皮膚の真皮にまで浸透するので、激しい痛みがあり、治癒するまでに時間がかかるといわれていますが、お肌の本質的改善には、役立つともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です