ピーリングの歴史

ピーリングの歴史は、古く、なんとそれは、クレオパトラの時代にまでさかのぼります。

ピーリングが治療法として確立されたのは、1882年ごろのドイツが始めで、その後研究が重ねられ、1950年に一般的な治療として行われるようになってからは、アメリカで大流行しました。

しかし、その頃の治療法は、フェノール酸やトリクロール酸を用いたもので、非常に作用が強く、日本人の黄色い肌には、赤みなどの副作用がでたため、あまり受け入れられませんでした。

その後、さらに研究が進み、AHAなどフルーツ酸を使った、比較的穏やかな作用の治療法が生まれ、1997年ごろには、日本でも大流行しました。

日本でピーリング治療が行われ始めた当初は、粗悪な製剤や施術者の知識・技術不足から、トラブルが続出していたそうです。

現在では、ピーリングは、医療行為と認められているので、医師免許を持つ人が施術することで、安全なものになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です