ケミカルピーリングのトラブル

ケミカルピーリングは、日本で導入された当初は安全基準もなく、とても危険なものと思われていました。

実際に施術者の知識・技術不足などで、皮膚トラブルの被害などの問題が多発していました。

それをうけて、平成12年にケミカルピーリングは、医師免許がある人だけが施術できることになり、現在のように安全なものになりました。

しかし、今でも、合わない薬剤や濃度の濃い酸の使用などで、「皮膚の赤みがとれない」、「痛み」、「かさぶた」、「にきびの悪化」、「色素沈着」、「肌荒れ」などのトラブルは、残っているようです。

ただし、これらは、正常な化学反応が進んでいるという経過で起こる場合もあり、ケミカルピーリングを継続して行う内に、症状が消えることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です