ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは、化学薬品を皮膚の表面に塗って、皮膚の古くなった角質を取り除き、表皮や真皮にまで働きかけるものです。

使用される代表的な薬剤は、AHA(αハイドロキシ酸)でフルーツ酸ともよばれるものや、AHAよりも少し強いトリクロロ酸やサリチル酸などだそうです。

使用する薬剤の種類や濃度によって、効果が多少変わってくるといわれていますが、酸の作用で、皮膚表面の細胞を傷つけることなく角質を剥がすのが目的です。

日本では、フルーツ酸の一種であるグリコール酸を使用することが多く、日本人には合うと言われていますが、皮膚の表皮部分までしか浸透しないとも言われています。

トリクロロ酸は、皮膚の真皮層にまで働きかけるので、お肌の本質的な改善が見込まれますが、治療の際の痛みが激しいのと、治癒するまでに時間がかかるともいわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です