ケミカルピーリングとにきびの関係

ケミカルピーリングは、ニキビ治療に良いといわれています。

にきびは、古い角質が皮脂の出口をふさぐことによってできるので、ケミカルピーリングで角質をとりのぞくことにより、皮脂を正常に排出して、にきびの改善が期待できるのです。

また、ニキビのもととなる、コメドを取り除くともいわれています。

しかし、ケミカルピーリングは、本来なら、自然に代謝されて垢となって剥がれ落ちるはずの角質を薬品を使って、無理やりはがすことになりますので、保湿力の低下や紫外線に対しての抵抗力が弱まるともいわれています。

したがって、十分な保湿やUVケア、きちんとしたスキンケアが必要になります。

自分の肌に合った薬剤や濃度のものを使用しないと、皮膚炎や肌荒れなどを起こす場合や、かえってひどくなる場合もあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です