ピーリング剤

ピーリング剤には、代表的なものとして、アルファハイドロキシ酸(AHA)とトリクロル酢酸(TCA)があります。

AHAは、サトウキビやりんご、ヨーグルトなどにも存在しており、「フルーツ酸」とも呼ばれています。

よく使われているのは、サトウキビに含まれる「グリコール酸」で、これは、日本人に一番合っているといわれ、現在のケミカルピーリングの主流となっています。

しかし、グリコール酸は、皮膚の表皮までしか浸透しないので、副作用は少ないといわれていますが、一時的に良いもののようです。

一方、トリクロル酢酸は、AHAよりも強いと言われているものなので、より深いピーリングが可能と言われています。

皮膚の真皮にまで浸透するので、激しい痛みがあり、治癒するまでに時間がかかるといわれていますが、お肌の本質的改善には、役立つともいわれています。

ピーリングジェル

ピーリングジェルとは、溶剤がジェル状になっているので、お肌へのダメージが少なく、自宅で手軽にできるピーリングとして人気があります。

ピーリングジェルは、皮膚表面のタンパク質やアミノ酸に反応し、古い角質や汚れなどを浮き上がらせることで、取り去るといわれています。

お肌がざらついている人やお肌がくすんでいる人、また、化粧のりが悪い人、ニキビ跡や毛穴が目立つ人などに良いとされます。

ピーリングジェルに使われている酸は、AHAとよばれるフルーツ酸が多いようです。

この酸は、日本人の肌にも合っているといわれており、主に植物や果物などに含まれている酸です。

ピーリングジェルはマッサージすると、ぽろぽろと垢のようなものが出てきますが、これが古い角質や汚れなのです。

使用後は、乾燥するので、十分な保湿を心がけましょう。

ピーリング化粧品

現在、さまざまなピーリング化粧品が出回っています。

ピーリング化粧品に配合されている酸は、フルーツ酸が多く、この中でも、サトウキビからとれる「グリコール酸」や、オレンジ・レモンなどからとれる「クエン酸」などが、一般的です。

ピーリング化粧品を選ぶ時に気をつけなければいけないのは、濃度が高いからといって、良いというものではないということです。

ピーリングは、酸性の度合いによって決まります。

一般的なピーリング化粧品の場合には、低めに設定されているようです。

ピーリング化粧品には、化粧品会社がだしているピーリング成分の配合が少なめのものと、医師が開発にかかわって、少し配合を多めにしたものがあります。

穏やかな作用で十分、という人には、化粧品メーカーのものでもよいのですが、やはり、医師がかかわっているもののほうが、より早くニキビ跡やざらつきの改善が実感できると思います。

ピーリングの効果

ピーリングは、ニキビに良いといわれています。

特に、古い角質で毛穴がふさがることで、皮脂が正常に分泌しなくなるためにできてしまったニキビには、特に良いといわれています。

ピーリングによって、古くなった角質が取り除かれ、皮脂が正常に排出されることで、ニキビの改善や予防にもつながります。

また、古くなった角質は、くすみやしみなどをひきおこしますが、ピーリングすることによって細胞分裂が活発になり、ターンオーバーが正常になることで、皮膚の再生力が高まるので、メラニンの代謝も促すとされてます。

皮膚の表面の凸凹がなくなり、滑らかになるので、毛穴も目立ちずらくなるとされ、それと同時に皮膚表面が柔らかくなることで、小ジワも目立たなくさせる効果に期待できます。

ピーリングの歴史

ピーリングの歴史は、古く、なんとそれは、クレオパトラの時代にまでさかのぼります。

ピーリングが治療法として確立されたのは、1882年ごろのドイツが始めで、その後研究が重ねられ、1950年に一般的な治療として行われるようになってからは、アメリカで大流行しました。

しかし、その頃の治療法は、フェノール酸やトリクロール酸を用いたもので、非常に作用が強く、日本人の黄色い肌には、赤みなどの副作用がでたため、あまり受け入れられませんでした。

その後、さらに研究が進み、AHAなどフルーツ酸を使った、比較的穏やかな作用の治療法が生まれ、1997年ごろには、日本でも大流行しました。

日本でピーリング治療が行われ始めた当初は、粗悪な製剤や施術者の知識・技術不足から、トラブルが続出していたそうです。

現在では、ピーリングは、医療行為と認められているので、医師免許を持つ人が施術することで、安全なものになりました。

ピーリングとは

正常なお肌の場合は、約28日周期で、皮膚が新しく生まれ変わり、古くなった角質は、垢となって剥がれ落ちます。

これをターンオーバーといいます。不規則な生活やストレスなどが原因で、このターンオーバーが乱れると、古い角質がお肌の表面に蓄積され、毛穴のつまりやにきびなどの肌トラブルがおこります。

この古い角質を科学的・物理的に取り去るのが、「ピーリング」とよばれるもので、新陳代謝を促し、肌が持っている本来の機能を取り戻すことが目的です。

現在では、AHAとよばれるフルーツ酸を使用したピーリングが主流になっています。

ピーリングは、厚生労働省から、医療行為として認められていますので、医師免許を持っている人しか施術ができません。